まだ暑さを我慢しますか?夏の北海道旅行【2022年8月後編】

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

ここのところ夏がとても暑いですよね
2022年に外出が自由になったので、夏に北海道へ行ってきました
期間は2022年8月14日〜19日の5泊6日
最初は夏の北海道に行ったことがないというシンプルな理由でした
実際に行ってみたらけっこう涼しくて
2022年の夏は、夜に札幌でも上着がないとちょっと肌寒く感じるくらいでした(確か20℃前後)
最近、異常気象なので毎年同じかと言われると難しいですが
少なからず本州よりはかなり涼しいと思います
ぜひ次回の夏の旅行の候補に北海道を検討してみていかがでしょうか?

今回は後編になります。。。前編はこちらから

4日目 神威岬〜小樽

この日は天気予報で晴れだったので
神威岬〜積丹のウニ〜小樽観光で計画
まずは一番遠い神威岬から行くことに

神威岬地図

札幌からだいたい2時間くらい
昔は女性が入ることが禁止だったそう
いま特に規制はありません
駐車場から神威岬の突端までは歩いて20分くらい
ただ道も狭く階段を登ったり降りたりしないといけません
なので運動できる靴は絶対だと思います
あとは日光を遮ってくれるものは何もないので日焼け止めあったほうがいいかと
苦労してたどり着いた先には綺麗な積丹ブルーの海が見えます
前日が雨だったにも関わらずとても綺麗だったので
天気がいい日が続いた時はもっと綺麗に見えると思います
天気がいい日を狙って行ってみてください

神威岬のあとはお腹がへったのでお昼ご飯へ
積丹には美味しいウニが食べれるところがあるとのことでぶらぶら
有名なお店はとてもとても並んでいたので
並ぶのが嫌いなわたしは海沿いを運転していたらいい出会いがあるだろうと
とりあえず車を走らせていたらとてもいいお店に出会えました

お宿 鱗晃荘地図

ここは神威岬から車で20分くらい
メインは50年以上続く宿だそうです
6月〜8月にここの宿主がウニ漁に出漁した日または積丹産の生ウニの在庫のある日のみ
お昼の1~2時間だけ営業するそうです
なので行けば食べるわけではないのでSNSで確認が必要みたいです
わたしはパッと見で入り、こんなこと知らないのでラッキーでした

メニューはシンプルで、ウニ丼とウニいくら丼のみ
値段も4,000円くらいだったと思います
おすすめの食べ方は何もつけずにそのままどうぞと
なのでそのまま何もつけずにいただきました
食べてみたら過去最高のウニ丼
ウニがとても甘くて美味しい
ウニってこんなに美味しいんだと改めて実感しました
ウニがそこまで得意ではない相方は怖がってウニいくら丼を頼みましたが
ウニ丼にすれば良かったと初めて後悔したと感激してました
こう感じるくらい最高なウニ丼でした

昼食に美味しいものを食べて満足したあとは
1時間半くらいかけて小樽へ移動

小樽観光協会公式サイト地図

わたしは何回も観光できてますが相方が初だったので小樽を散策
いつもは小樽ビールを飲んだりしてお酒メインで小樽全体をくまなくみたのは初めてかも
お腹は満たされていたのですが甘いものを求めてLeTAOに行ったり
歩き回って疲れて小腹が空いたので、かまぼこ屋さんのかま栄さんへ
あたたかい揚げかまぼこを買って車の中で食べながらホテルへ戻りました

5日目 夕張〜帯広周辺

この日はどこに行こうか迷った結果
相方から牧場の牛がみたいとリクエストで帯広方面へ
目的地はナイタイ高原牧場へ

道の駅 夕張メロード地図

高速で帯広へ行く途中、事故で夕張より先が通行止めになっていました
朝も早く出ていたので休憩がてら道の駅の夕張メロードへ寄り道
夕張と言えばメロンなのでめっちゃ推してましたね
あとはメロン熊をけっこう見かけました
若干寒かったので朝ごはんにカレーうどんを食べました
玉ねぎと豚肉がごろごろ入ってて美味しかった

通行止めが解除されてナイタイ高原牧場へ到着
札幌からは250km、だいたい3時間30分くらいです
夕張に寄り道してるので4時間以上かかりました

ナイタイ高原牧地図

ナイタイ高原牧場は日本一広い公共牧場で牛の放牧を見れます
ですがこの日は近くに牛が見ることができず、遠くの方にいました
あと風があったのと曇っていたからめちゃくちゃ寒かった
待ってても牛は近寄ってこなかったので
併設されているナイタイテラスでハンバーガーをいただきました
天気がもっとよかったら見晴らしは最高
青い空に緑一面の牧場はThe 夏って感じでいいんじゃないでしょうかz

牛が見れなかったので近くの牧場を検索
近くに十勝牧場があったので帰り道だし寄ってみることに

十勝牧場白樺並木

十勝牧場展望台
勝牧場内のマップ

十勝牧場に行く途中に白樺並木がありました
白樺並木は、道道133号線から場内に通じる1.3kmの並木道だそうです
この白樺並木はドラマのロケにも使われたことがあるそうです

この白樺並木を抜けて入っていいのかどうなのか不安になりながら
奥の方に進んでいくと十勝牧場展望台に行けます
ちゃんと関係者以外立ち入り禁止と書いてあるのと
事前にネットで調べていくとわかりやすいかもしれませんね
展望台に行くとたくさんの馬たちがいました
数十頭でまとまっていて初めてこんなに近くでたくさんの馬をみました
牛は結局見れませんが満足です
このあと夜ご飯を食べて札幌へ帰宅

最終日 札幌〜千歳〜帰宅

最終日は朝ごはんに札幌二条市場へ
そのあとは空港へ向けてゆっくり戻る予定でスタート

魚屋の台所地図
札幌二条市場

札幌二条市場は朝7:00ごろからやっているお店がけっこうあります
そのなかで並んでなかったお店にふらっと入りました
ウニの食べ比べをしようと思い値段はけっこうしたけど
せっかくだしわたしはウニ丼、相方は海鮮丼をたべました
ウニといってもやっぱり種類で味が全然ちがうんだなと実感
値段はウニ丼は時価で高くなる傾向だけど
その他の海鮮丼はコスパがとてもいいと思います
とても美味しくいただきました

飛行機は夕方だったので
千歳市でぶらぶらしようとなりました

サケのふるさと 千歳水族館地図

水族館があることがわかり相方が水族館が好きなので行くことに
道の駅 サーモンパーク千歳と併設されています
正直そこまで期待してませんがとても面白い水族館でした
特に千歳川の中が覗ける水中観察ゾーンがあります
ここは自然のサケが泳いでいる姿を観察できます
このときは小さい魚ばかりでしたが
秋から冬にかけてはサケの群れをみることができるそうです
また産卵期に来てサケの群れを観察したいなと思っています

2022年8月の北海道後編ということで
旅の後半を簡単にまとめてみました
両方読んでいただいたかたはありがとうございます
前編、後編合わせていろいろ巡っているのはおわかりいただけましたか?
レンタカーを借りて自分で運転しています
片道2時間以上の場所にも行っています
この内容で夏の北海道に興味をもってくださった方
次の夏の旅行に北海道旅行はいかかですか?
楽しいですよ、ぜひ計画してみてください!

タイトルとURLをコピーしました