管理職が教える成功する退職希望の伝え方

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

仕事

これから会社を退職しようとしているかた

上司への伝え方がわからないかた

上司へ伝えれるような状況ではないかた

いろいろな状況のかたがいると思う

特に若いかたはどうしていいかわからない人が多いのではないだろうか?

わたしはマネージャなので何人もの退職希望者と関わってきた

その際、どのように切り出されてきたかをお伝えする

退職希望の伝え方

まずは伝えるタイミングだが、民法では2週間前までに伝える規定になっている

ただし、就業規則に明記されていることも多いのでしっかり確認した方がいい

退職することを伝える時期を確認できたら、下記のような進め方になるだろう

上司へ相談したいと伝えて退職希望を伝える場合

もうひとつはある日突然来なくなって退職代行から連絡がある場合

大きくわけるとこの2つ

・上司へ相談する場合

上司へ伝えてやめる場合、自分から相談したいと伝えて時間をもらい

退職の意思を示す、その際聞かれることは

・なぜ辞めたいのか
・いつ辞めたいのか
・次は決まっているか
※会社から必要とされている場合は引き止めもある
だいたいこんな感じ
わたしの場合は上位への報告が必要だったため
特に「辞めたい理由」を詳しく聞いている
あとは辞める時期と合わせて次が決まっているかどうか
業務の引継ぎなどを調整するためである
退職が受理されれば、退職手続きまでの進め方を相談していくことになる
この際、上司に伝えた方がいいことは
・退職時期
・年休消化の意思
この2つはしっかりその場で伝えておいた方がいい
まず次が決まってなかったとしても退職時期は明確にして伝えた方がいい
ダラダラと引き延ばされる恐れがある
また年休が残っている場合で消化を要求するならしっかり伝えた方がよい
ブラック企業だと年休消化の話しは会社や上司からしてこないので
自分から言わないと「言ってこないから必要ないんだと思ってた」と言ってくる
あとから言っても「知らぬ、存ぜぬ」で押し通してくるので
まずは初めに年休消化の話しは出しておこう
もし渋られたり、パワハラまがいなことがあれば
即労基署に行けばいいと思う
わたしの部下はなかったが、他部署ではそういう事例を聞いたことがある

退職代行を使う場合
これは使った本人に話を聞いたわけではないので、経験した限りの情報だが
まず突発で来なくなるので欠勤だと思う
だから上司から部下に連絡がいく
おそらくこの連絡に対して「反応してはダメ」と言われているんだと思う
わたしは連絡が取れなかったので会社に連絡
事故・事件に巻き込まれた恐れがあるとして自宅まで行った
結局、自宅まで行ってる間に、退職代行会社から会社に連絡が入り
書類を送るので退職手続きを進めてほしい旨が伝えられる
このあとはわたしもよくわかっていないが
直属の上司とのやり取りはなく会社間の話しになるので
当事者は退職代行会社と話をするだけでいいと思っている
ただしここで気を付けなければいけないのが
自分に非があるような損失を出している場合に退職代行を使うと
トラブルとなる恐れがあるそうなので
自分を守ってもらえる人たちには嘘をつかず素直に相談することをお勧めする

 

管理職が辞める場合
これはわたしにも当てはまるが
できることなら数年前から計画を立てて、後釜を準備しておく
そして退職希望を伝えてスムーズに退職できるように進めたい
これに関してはわたしが実際に退職すると伝えた時になにが起こるのか
これを今後、行動に移したときに書いていこうと思う
もし、現時点で精神的におかしくなってしまいそうな状況なら
なるべく早く退職の意思を伝えよう
次の職場が決まっていなくてもまず辞めることを決意しよう
管理職の肩書があれば次はある
50歳を前にしてキャリアUPではなく、会社に愛想を尽かして転職活動した方が
20代から転職を2回していたにも関わらず
その職歴や管理職の経験から新しい会社と巡り会うことができている
まずは不幸な状況から脱出することを決意すればいい
自分が幸せになることを重要視しよう
それでも将来が不安なら”自分なんて”とあきらめず
自分の市場価値を聞いてみるだけでも十分だと思う
まずは行動することから始めよう

タイトルとURLをコピーしました